【初心者向け】釣りに必要なアプリはあるのか?“ダウンロードしておきたいアプリ”選び【必要ないものはあります】

App storeで釣りと検索すると、ゲームも含めて本当にたくさんあります。

*

初心者の観点から考えて、本当に必要なものがあるのか、あればダウンロードしておいて損はないのかなと思います。どれもジャンルを絞れば必要な知識であり知っておくだけで勉強になり価値のあるアプリだと思いますが、初心者という事に絞り込めば自分に必要のない知識や難しすぎる情報は、必要なくかえって釣りを難しいものや、子供や家族と楽しみづらいものと先入観を抱かせてしまうかもしれません。

*

この記事では、初心者に必要でダウンロードして意味のあるアプリやホーム画面の目立つところに置いておきたくなるもの、欠かすことの出来ないコンテンツを含んでいるアプリを紹介させて頂きます。

釣りアプリに必要な情報

初心者に必要な情報は、安全の確認・エンタメ性の向上・釣果アップに直結するこの3点につきると思っています。この中でも順位をつけるとすれば、安全の確認がまず最優先です。エンタメ性の向上については、釣果アップすればより楽しいと釣りを継続してもらえますし、何を持って楽しいと思えるか、釣りを続けられるかは個人の主観にも関わってきますので、次点は釣果アップというところでしょうか。

*

なぜ安全の確認が一番大切かという事は、説明する必要はないかとは思いますが、改めて言葉にすると楽しい思い出やレジャーを満喫するためにはまず、何事もなく無事に帰宅出来る事が一番です。特に小さい子供や、初心者からすれば自然の中は驚異でいっぱいです。知らなかったでは済まない事もありますし、そのために施設のルールがあるというのがほとんどだと思います。それをアプリで知れたりし調べられるものは、より重宝します。


釣りアプリの選び方1. 危険察知/情報認識系アプリ

釣り場は大人にとっても子供にとっても特に危険なものが多いです。代表的なものを言えば、釣れる魚や釣り場の生物に毒や危険があるかどうか、天候など変わり足場などが悪くなり危険が伴わないかどうか、釣り場のルールを正しく知り、針や仕掛け等を残して他の釣り人の迷惑にならないことを知っておき、それらの危険性を考慮する準備が出来ているかどうか、の3点を代表として挙げられます。魚の種類に関しては、魚の写真を撮れば種類や危険があるかないかわかるアプリもありますし、予めそのシーンから釣れる危険のある魚を知っておく事も出来ます。

*

天気予報も事前にテレビの天気予報で調べても構いませんが、その釣り場のポイントを調べるついでに知る事も出来ますし、ルールにおいても誰かが教えてくれる訳ではないので、自分自身も勉強し、子供に注意しなくてはなりません。

おすすめ釣りアプリ1. 危険察知/情報認識系アプリ

Hapyson危険チェック

こちらは、楽しく安全に釣りを楽しむためのアプリです。今いる場所、時期に釣れる可能性のある危険魚を事前にチェック


釣りアプリの選び方2. 釣果直結のため情報収入アプリ

釣りをする上で、天気や潮の満ち引きは必須情報です。潮回りによっては魚の活性が変わり、いる場所も変わります。大潮や小潮などはどの釣り場でも変わりませんが、干潮時間などは地域によって異なります。天気や日照時間においても重要で、日の出前を朝マヅメ、日の入り前を夕マヅメと呼び、その時間を把握しておく事は釣果を上げるポイントです。また、より釣果が上がりやすく、特有の魚の活性が上がったり回遊して来る事を時合(じあい)と言ったりします。そのため釣りにおいては、日の出入、天気、潮見は重要な要素です。

*

あまり釣果を気にしないのであれば必要ありませんが、ターゲットを決めていいたり、より多く釣りたい方は活用すべきツールの一つです。webで検索すれば、すぐに知る事が出来ますが、釣りに行く頻度の多い方はアプリをダウンロードしておいても損はありません。

*

また、家族で釣りをする予定を予め立てていてその時間帯が釣れるのか、日中で釣れない時間にしか出来ない場合、魚が釣れなくて子供が飽きた場合はどうするかなんて、考え準備しておく事もパパの仕事かもしれません。

おすすめ釣りアプリ2. 釣り情報収入系アプリ

しおさいS-潮見表/タイドグラフ-

日本全国の潮汐情報を表示するアプリです

タイドグラフBI /全国の釣り場ごとの潮見表

釣りに必要な情報が一画面でわかるアプリ


釣りアプリの選び方3. エンタメ性向上/情報共有系アプリ

釣りをする事前準備としては情報はとても大切です。釣りたい魚をどうすれば釣れるかとても詳しく解説してくれるコラムの多いアプリや、近所の釣り場でどのような魚が釣れているかなど情報を共有出来るアプリもあります。

*

その情報を元にターゲットを決めるのもいいですし、次に行く釣り場を子供と一緒に決めたり、釣れずにボウズで帰ってきた際は、どうすれば釣れたのか、考察の多いコラムを見て次の釣りに生かしたりする。モチベーションを維持するために役に立ったり、釣りをする前に見てワクワクを向上させてくれるアプリなんかもオススメです。

おすすめ釣りアプリ3. エンタメ性向上/情報共有系アプリ

釣果記録アングラーズ-釣行の釣り場情報をカメラで記録

よく行く釣り場のスポット登録や、地図からの釣果検索などの機能を追加!新しくなったANGLERSで釣りライフを豊かに!

釣果情報 ツリバカメラ

アプリを利用して釣り人同士のコミュニケーション、釣り場の検索、釣果・タックルの管理、気候や潮汐情報の閲覧などが行えます。【釣りがより楽しく!より便利に! ツリバカメラの各種機能】


釣りアプリの選び方4. 釣りの単位変換系アプリ

釣りをしていたり、買い物をする際や仕掛けを作る際に行き着く事は、ルアーのインチ表記や、重りの号数をグラムだと間違えたり、日常ではあまり接しない単位を目にする事が多くなると思います。これらのアプリを使用すれば、専門単位で書かれていても、変換して自分の知る単位に置き換える事ができます。インチやフィート、重りの号数などいちいち暗記するほど、覚える必要はないのでダウンロードしても損はないはずです。

*

しかし、初心者の方が、余り単位に拘って仕掛けを作ったり、ルアーを選ぶ事はとても稀だと思います。アプリのデザイン性も含めて、私自身は余りトップに置いておきたくない部類です。

おすすめ釣りアプリ4. 釣りの単位変換系アプリ

釣り師の単位変換

釣りで使用する単位の変換アプリ

釣りの結び方

「釣り結び目」 – ノットを結ぶ方法を示す、モバイルデバイスのためのプログラムです。


釣りアプリの選び方5. ショップ/メーカー公式アプリ

拘りのショップやメーカーがあればダウンロードしても良いかもしれません。ショップによっては買い物する際にポイントや値引きなどでお得なアプリもありますし、何回か買い物をする内に、好きなメーカーやブランドが出来て、いつかはこれが欲しい等釣りを継続していくモチベーションになるかもしれません。

*

また、アプリによってはそのメーカーの方が自身の商品を細かくわかりやすく解説してくれるコラム等あったりもします。自身の商品なので悪く言う事はありませんが、どの情報サイトよりもその商品に関しては1番詳しい方が解説してくれるのは、とても参考になります。

おすすめ釣りアプリ5. ショップ/メーカー公式アプリ

DAIWA

フィッシングブランド『DAIWA』の公式スマートフォンアプリです。

タックルベリーモバイル会員

販売・買取実績No.1 日本最大中古釣具チェーン「タックルベリー」が提供する公式アプリです。店頭での商品の購入や買取の際に、割引・割増のお得な増割(マスワリ)サービスを受ける事ができます。


釣りアプリの選び方番外編. 釣りゲームアプリ

ゲームをされない方には全く必要のないものだと思いますが、釣りが好きになるもしくは始めるきっかけは人それぞれで、私は子供の頃に買ってもらったゲームだったりします。釣りをされる多くの家族はパパが1番釣果があり、子供がそっちのけになってしまう事でしょう。そんな中子供と一緒に次も釣りに行ってもらえるように釣りを好きでいてくれる必要があります。子供はゲームの方が好きだと言うかもしれません。しかし、リアルとゲームを使い分けて、子供のモチベーション維持に役に立ってもらえるアプリとしては必要だという方もいるかもしれません。


おわりに

いかがでしたでしょうか?基本的には無料でダウンロード出来るので、どれも入れても損はありません。しかし、トップがゴチャゴチャするのが嫌だという方やシンプルにレイアウトしたい方はより必要なアプリだけ厳選して、持っておくだけでも違うかもしれません。私個人は道具だけではなく、アプリの方も拘っておきたいポイントです。